So-net無料ブログ作成
検索選択

宇多田ヒカルの新曲「花束を君に」と「真夏の通り雨」が配信!「桜流し」以来約3年半ぶり! [音楽・アーティスト]

3年半ぶりの新曲に絶賛の声 他を圧倒する宇多田ヒカルの“凄み”



こんにちわ。

やはり、凄く歌がうまいなあって

改めて、感じましたなあ。

凄く癒される声に、感動しました。

何年も、歌っていないなんて

信じられないですw。

これからも、素晴らしい板越を

聞かせてくださいな。

かみなりもん親父

宇多田ヒカルの新曲「花束を君に」と「真夏の通り雨」が

4月15日に配信をスタートした。

新曲としては2012年11月に配信限定で発表された

「桜流し」以来約3年半ぶり。

2010年に宇多田自身によって発表された「アーティスト活動」の

休止と「人間活動」への専念は様々な反響を呼んだが、それから5年。

再び音楽の世界に降臨した歌姫は果たしてどこへ向かうのか?

「人間活動」で得たものとは何か、最新曲を通して紐解いていく。

utada.GIF


◆母となり慈しみに満ちた愛情を感じさせる“柔らかな歌声”

「花束を君に」(NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』主題歌)と

「真夏の通り雨」(日本テレビ系『NEWS ZERO』テーマ曲)は

いずれもがテレビ番組のテーマ曲として既に多くの人の耳に

届いていると思うが、その歌声を聴いて感じる第一印象は

「歌声の柔らかさ」だ。

ピアノを基調としたシンプルなアレンジに乗って

滑り込んでくる導入部から受けるのは、

まろやかさが際立つこれまでにない歌唱である。


2012年の「桜流し」を発表後、「人間活動」中に

宇多田は“母”となった。

その経験は間違いなく彼女の音楽に大きな

変化をもたらしただろう。

そのひとつが“慈しみ”に満ちた愛情を感じさせる

歌声かもしれない。

ネットでも、「お母さんって声に変わってて印象が

全然違っててちょっとびっくり」、「天才少女が天才お母さんに

なったなーって実感」といった声が寄せられていた。

初期の彼女の歌声にはキレがあり、それが日本人離れした

グルーブと結びついて多大なインパクトを植え付けていたといえるが、

今作では包み込むような懐の大きさとたくましさ、

優しさを兼ね備えた“大人の女性”の声が耳に心地いい。


前出の「桜流し」や2004年発表の「誰かの願いが叶うころ」なども

ピアノの音とともに宇多田のボーカルが聴こえてくる構成だが、

それらが憂いを湛えた表情を見せているのに比べて、

今回の2曲では“ぬくもり”を感じずにはいられない。

これが、「人間活動」のもたらしたものなのかどうかは

定かではないが、少なくとも、「世俗」というこれまで

(彼女にとっては生まれたときからずっと

「音楽」がすぐ隣で呼吸をしていた環境だったと思う)

とは全く異なる世界の中で、心身をリセットリフレッシュさせ、

さらに新しい人生を進むことになった「経緯」が

連れてきたものといえるだろう。


ヤフーニュース引用

宇多田ヒカル / Ultra Blue <2006/6/14>
価格:2988円(税込、送料別)




宇多田 ヒカル(うただ ヒカル、1983年1月19日 - )は、

日本の女性シンガーソングライター。

本名、宇多田 光(うただ ひかる)。

愛称はヒッキー(Hikki)

基本情報
出生名 宇多田 光
別名 Cubic U、Utada
生誕 1983年1月19日(33歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州の旗ニューヨーク州
ニューヨーク市
マンハッタン区
学歴 コロンビア大学中退
ジャンル ポップ、R&B、エレクトロニカ
職業 音楽家、シンガーソングライター、編曲家
担当楽器 ボーカル
ピアノ
ギタードラムス
活動期間 1998年 - 2010年
2016年 -
レーベル Virgin Records/UMJ
(旧:EMI Music Japan)
Island Records/UMG
事務所 U3MUSIC[注 1]
共同作業者 河野圭、冨田謙、西平彰、ティンバランド、スターゲイトなど


ウィキペディア

utada1.GIF

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。