So-net無料ブログ作成

NMB48兼AKB48の山本彩が13日、渡辺美優紀(が卒業、NMB48に活動を一本化する。 [音楽・アーティスト]

さや姉、NMB48一本化宣言 みるきー卒業で「NMBを終わらせたくない」

nmb.GIF


人気アイドルグループ・NMB48兼AKB48の山本彩(22)が13日、

大阪・難波のNMB48劇場で行われた公演中に同期で

創設メンバーの渡辺美優紀(22)が卒業発表したことを受け、

NMB48に活動を一本化する意向を明らかにした。


山本は渡辺の卒業発表を見届けると「今回のみるきー(渡辺)の

卒業でNMB48は2ndステージに入るのかなと思います。

ずっと一緒にやってきたメンバーが卒業していくのを何人も

見届けてきて、もっと自分も何かできることないかなと、

NMBのために何かしたいなと思って、(総合プロデューサーの)

秋元さんに兼任解除の相談というかお願いをしまして、

受諾していただいた」とAKB48チームKの兼任解除を

直訴していたことを明かした。


かつてAKB48では前田敦子(24)と大島優子(27)が、

SKE48では松井珠理奈(19)と松井玲奈(24)が“ライバル”

として何かと比較され、苦しみながらもグループの看板を

背負ってきたように、NMBにおいては山本と渡辺の同い年で

同期の2人がその役回りだった。

これまで絶妙な距離感を保ってきたが、渡辺は卒業発表の場で、

隣に立っていた山本に向き合うと、涙ながらに

隠し続けてきた本音を口にした。


「さやかちゃん、同い年で身長も同じくらいで、血液型も一緒(B型)で、

私は最後まで友達のように仲良くというか、ホントの友達のような

関係にはなれなかったけど、今までの人生で一番運命の人だと感じました。

本当に一番運命を感じた人で、たくさん悔しいことも…

誰よりも素直になれなかったけど、私がいちばん、

誰よりも(山本が)すごい人だということをわかってるし、

本当に尊敬しています。ずっと伝えられなかったけど、

この場をお借りしたら、言える気がしたので、

すごく言いたかったので言いました」


人前ではめったに泣かない山本の頬に大粒の涙がつたい、

メンバーもファンも、もらい泣きした。

そして、昨年8月に玲奈がSKE卒業後、珠理奈がAKB兼任を辞退し、

SKEに専念することを決めたように、NMBのピンチに山本も

活動を一本化し、グループを背負って立つ覚悟を決めた。


ヤフーニュース引用

nmb1.GIF

NMB48
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2010年秋 -
レーベル laugh out loud! records
(2011年7月 - )
事務所 KYORAKU吉本.ホールディングス
共同作業者 秋元康
公式サイト nmb48.com
メンバー メンバーを参照
旧メンバー 元メンバーを参照



AKB48
Ax10akb18.jpg
2010年7月1日、ノキアシアター公演
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2005年12月8日 -
レーベル AKS(2006年 - )
デフスターレコーズ
(2006年10月 - 2008年6月)
You, Be Cool!/KING RECORDS
(2008年8月23日 - )
事務所 AKS
(各メンバーの所属は所属事務所を参照)
共同作業者 秋元康
公式サイト AKB48公式サイト
メンバー メンバーを参照
旧メンバー 元メンバーを参照


ウィキペディア



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0